過払い金請求

過払い金請求ってご存知ですか。弁護士に借金問題を相談に行ったら、必ず過去に金融業者から借金をして返済しましたかと聞かれます。すでに返済が終わっているものでもです。なぜなら、金融業者は、法律上認められない利息を受け取っていたからです。

なぜ、金融業者は法律上認められない利息を受け取ることができたのでしょうか。以前の法体系では、利息制限法より許される利率の上限が高い出資法という法律があり、出資法違反の場合にのみ刑罰が課せられる仕組みになっていました。より多くの利潤を得たい金融業者は、刑罰のない利息制限法の制限利率を超えるが、刑罰のある出資法の制限利率超えないかたちで金利を設定していたのです。いわゆるグレーゾーン金利です。最高裁によって、グレーゾーン金利で得られた利息は無効であり過去に遡って債務者に返還しなければならないことになりました。テレビコマーシャルでよく言われる過払い金請求とはこのことなのです。なお、グレーゾーン金利については出資法の制限利率が利息制限法にまで引き下げられることで解消されています。

現在借金トラブルに苦しんでいなくとも、過去に金融業者から借り入れをして返済した経験があるのであれば弁護士に相談すべきです。領収書等を捨ててしまっていても借りた金融業者さえ分かれば弁護士が取引履歴を開示させ過払い金があったかどうか確かめることができます。ぜひ法律事務所の無料相談を利用してください。


ue reading »',