司法書士か弁護士か

法律事務所と法務事務所の違いをご存知でしょうか。実は弁護士がいる事務所は法律事務所と名乗らなくてはならず、司法書士事務所や行政書士事務所が法律事務所と名乗ってはいけないのです。つまり、法律事務所にいるのは弁護士で、法務事務所にいるのは司法書士か行政書士ということになります。

インターネットを検索すると同じ問題に対して司法書士事務所と法律事務所が相談を受けつけているのが分かります。例えば、借金問題です。どちらに相談に行くべきでしょうか。

司法書士で事足りる場合も多いことは確かです。例えば、債務整理おける受任通知は司法書士と弁護士ができます。しかし、自己破産の案件を代理できるのは弁護士だけです。自己破産は地方裁判所で行われるからです。また、借金問題がさらなる問題を生むことも日常茶飯事です。たとえば、返した返していないといった紛争です。この場合140万円を超える場合司法書士には扱うことができません。地方裁判所で扱われるからです。一般的な法律問題を扱える範囲は弁護士の大きく、司法書士の権限はその中に少し小さく収まってしまうのです。

また、能力の問題というのもあります。弁護士は何といっても日本一難しい司法試験に合格し、司法修習生としての生活を経てきた人たちです。弁護士のほうが能力が高いといって差し支えないです。


ue reading »',